ホーム > ARENA 728 Studio > 健康・自然・安心×子育て住宅とは? > 自然素材「シラス壁の住まい」

戻る
本物の質感 自然素材の住宅 昔の家は、みんな自然素材でできていました。
自然素材の特徴 自然素材の良さ
夏涼しく冬暖かなシラス壁の住まい
シラス壁の住まい
シラスとは?
シラスは大量の火砕流として一気に堆積したため、
他の土と混ざることなく厚い地層を形成たマグマが
岩石となる前に粉末となった物質であり、
養分を持たない「原始的な土」ともいえるものなのです。
100%自然素材主義
100%自然素材主義
  • 調湿効果(内装材)
  • 優れた調湿効果を持つシラス壁は、湿度が上がると余分な湿気を吸収し、湿度が下がると湿気を放出します。湿度が10%下がると体感温度が1℃下がると言われていますので、日本の蒸し暑い夏に最適な建材。エアコンの使用を抑えられるので、節電にも効果的です。
  • 消臭効果(内装材)
  • シラス壁の部屋には空気清浄機は不要です。シラス壁は、タバコやペットのニオイを短時間で消臭。家具や他の建材から放出されたホルムアルデヒドなどの化学物質もしっかり吸着し、時間が経っても再放出しません。
  • 長寿命(内装材・外装材・舗装材)
  • シラスと同じ火山憤出物はイタリアにもあり、ローマ時代につくられたパンテオン神殿や、古代エジプトのピラミッドにも古代コンクリートの原料として使用され、今もその姿をとどめているほど耐久性があります。シラス壁は着色にも天然の鉱物顔料を使っているので、紫外線に強く、色あせや劣化もほとんどありません。
  • 本物の素材
  • シラス壁の良さはその機能だけではありません。人工物では表現できない100%自然素材ならではの心が落ち着くやさしい風合い。マグマのパワーを秘めたシラス壁は、生命力にあふれ、本物の上質さと力強さを感じさせます。
  • 環境貢献
  • 人と地球にやさしい家づくりの意識の高まりに合わせ、シラス壁への注目はますます高まっています。国内では、環境省のエコハウスモデル事業、国土交通省の長期優良住宅先導的モデル事業、子どもたちが化学物質に悩まされることない街づくりを目的とする産学協同のケミレスタウン®プロジェクトなど にもシラス壁が採用されています。
100%天然素材![シラスを使用した商品]
スーパー白洲 そとん壁W 防水+透湿 スーパー白洲 そとん壁W 高千穂シラス「スーパー白洲そとん壁W」はシラスの特性を活かして、防水と透湿を兼ね備えた100%自然素材の外装仕上げ材(塗り壁材)です。本物でしか表現のできない、美しく温かみのある風合いを生み出します。

施工事例写真
スーパー白洲 そとん壁W 防水+透湿 スーパー白洲 そとん壁W F☆☆☆☆(フォースター)とは、内装仕上げ用建材のホルムアルデヒド発散量の等級です。F☆☆☆☆はその中で最も放散レベルの低いもので、面積の制限なく使用することができます。とはいえ、F☆☆☆☆はホルムアルデヒドの発散量が少ないというだけで、全く放散しないものではありません。一定の基準をクリアしたからといって、決して健康被害を及ぼさないとは言い切れないのです。高千穂シラスのシラス壁は、ホルムアルデヒドやその他の化学物質を全く使用していないため、F☆☆☆☆の告示をする必要のない「告示対象外」商品。安全のレベルが違います。

施工事例写真
ページの先頭へ
© 2015 DAIKO CORPORATION. All Rights Reserved.