ホーム > ARENA 728 Studio > 多機能性断熱素材 GAINA

ガイナを塗布した鉄板の上の氷は、下から熱を当ててもなかなか溶けません。暖房でも冷房でも、ガイナは周辺温度と適応することにより、熱の移動を最小限に抑えます。これが暑さ、寒さへの断熱効果を発揮する秘密です。
ガイナの特殊セラミックは帯電性0.0の性能を持っています。ホコリ、チリなど汚れ物資が付着しにくく、またマイナスイオン化した水分が汚れを浮遊しにくくします。タバコやお酒の嫌な臭いは、気がつかないうちに消えてしまいます。
ガイナのセラミック球体に入った太陽光の赤外線は、プリズム効果により反射と屈折を繰り返し、エネルギー量を減少させます。ガイナを屋根や外装に塗布すれば、太陽光に含まれる赤外線の反射効率を高め、熱の発生を抑えます。
ガイナを塗布したフライパンをハンマーで叩いても、振動が少なく、高い金属音はしません。ガイナのセラミック多層構造が、内部に侵入してきた空気の振動を抑え、軽減することが出来ます。
ガイナの塗膜は、周辺の温度変化に適応する特性を持っているため、ガイナを塗布した塗膜麺が、室温に合わせて同じ温度に近づきます。その結果、温度差が小さくなることで熱の移動が少なくなり、結露の発生を抑制する効果を発揮します。   紫外線に対してもっとも強いセラミックを多層化したガイナは、通常の塗料の2~3倍の耐久性を持ち、さらに、断熱・遮熱性能により、建物の膨張・収縮を最小限に抑えることが出来ます。
水生であるガイナは、有機溶剤などの危険物を使用しません。内装用ガイナは、室内空気環境の安全性の目安となる、F☆☆☆☆(フォースター)を取得しています。   不燃性能に関して政令で定める技術的水準に適合する建築材料には、不燃材料、準不燃材料、難燃材料の3ランクがあり、ガイナは、その最上位にあたる、不燃材料として国土交通大臣から認定を受けています。
ページの先頭へ
© 2015 DAIKO CORPORATION. All Rights Reserved.