ホーム >  木造住宅の魅力について

木造住宅の魅力について

住宅造りには、鉄筋コンクリート(RC)構造、鉄骨コンクリート(SRC)構造、木構造3つの構造方法があります。
地域によって好まれる構造というものもありますが、近年注目されているのが自然素材で作られる木構造の家です。
こちらでは、そんな木造住宅の魅力についてご紹介いたします。

木造で作られた家の魅力とは

近年注目されている木造住宅は、雑誌や書籍のテーマでも取り上げられており、里山の古民家のような家に住みたいという方も少なくありません。木で作られている住宅は、「生きている」、「呼吸している」といわれており、普段の生活の中で自然の温もりや安心感を得ることができます。また、木の家は肌触りも柔らかくて適度な弾力を持っており、物をぶつけたり落としたりしたときの嫌な音や衝撃も吸収してくれます。近年では災害などに対応できるよう、しっかりとした構造になっているため、木造住宅は魅力ある建築物件のひとつとなっているのです。

木材ならではの魅力とは

木材には、私たちを癒してくれる効果があるといわれています。木材は、フィトンチッドという揮発性物質を発しており、「森の香り」と呼ばれています。その森の香りは私たちのストレスを癒してくれるもので、木材に囲まれた空間は森林浴をしているような気分をもたらしてくれます。また、木材は生きた素材です。そのため湿気に強く、湿度のバランスを調節して居心地のいい空間にしてくれるのです。

自由度が高い木造住宅

木造で造られる住宅は、その構造の特性から自由度の高いプランニングが可能になります。吹き抜けのある空間、広く遮るもののないリビング、薪ストーブ、存在感のある柱や梁など、理想のデザインを叶えやすいのです。また、他の構造住宅よりも広い自由度は、将来的なリフォームを考えた設計も可能となっています。

三重県内で木造住宅を検討している方は、ぜひ当社へご相談ください。当社では、ガイナ塗装という最新の塗布素材が使用可能であり、自由設計注文住宅から子育て住宅、エコ住宅、省エネ住宅などの様々な理想のプランにお応えすることができます。

ページの先頭へ
© 2015 DAIKO CORPORATION. All Rights Reserved.