ホーム > 自然素材住宅の快適さを維持するために

自然素材住宅の快適さを維持するために

昨今、健康を気にするという方が増えており、多くの方が衣食住の安全性への関心を高めています。毎日を過ごす住宅でも、家族の健康を願って自然素材住宅を選ばれる方が増えてきています。自然素材住宅には、古民家再生住宅や無垢素材を使用した珪藻土住宅、健康住宅などの様々な仕様の住宅があります。

こちらでは、そんな自然素材住宅の快適さを維持するためのポイントをご紹介します。

水分に気をつける

無垢材を使ったフローリングに、水をこぼしたまま長い時間放置するとシミになったり、フローリングが膨張したりする原因になります。水を扱うキッチンや洗面所のフローリングは、水が直接ふれないようになるべくマットを敷くようにしましょう。もし水分で自然素材のフローリングがダメージを受けた場合、リフォームやリノベーションが必要になる場合もあるため、濡れてしまったらすぐに拭き取るようにしましょう。

変色に気をつける

自然素材を使用したフローリングは、直射日光や紫外線などの影響で少し変色することがあります。素材によって変色しにくいタイプや変色しやすいタイプがあります。

変色で味わいのある雰囲気がでることもあり、それを好む方もいらっしゃいますが、変色することを好まない方は、できるだけ直射日光に晒さないようにカーテンなどを活用しましょう。

このように、自然素材住宅の快適さを維持するためのポイントは色々ありますので、長く快適に過ごすためにも心掛けてみてはいかがでしょうか。当社では、無垢材住宅で100年持つ長期優良住宅を作ることが可能です。三重県で自然素材住宅の購入をご検討されている方は、ぜひ当社にご相談ください。その他リフォームやエクステリア、マンションやアパートの管理等も行っていますので、不明点や疑問点などがございましたら、小さなことでもお気軽にご相談ください。

ページの先頭へ
© 2015 DAIKO CORPORATION. All Rights Reserved.