ホーム > 住宅ローンの金利の種類について

住宅ローンの金利の種類について

住宅を購入予定の方はいらっしゃいますか。木造住宅や鉄筋住宅と、住宅にも様々な種類がありますが、どんな住宅を購入するにしても、ほとんどの方が住宅ローンを組むことになるはずです。住宅ローンを組むときには、3つの金利の種類から選ぶことができます。それぞれの特徴についてご紹介していきます。

全期間固定金利型

こちらは、契約時から完済するまでの全期間において金利が固定されるものです。つまり返済額もずっと変わらないということになります。金利は比較的高めに設定され、金利が下がっても恩恵を受けることはできません。反面、急激な金利の値上がりの危険性を回避できるというメリットがあります。「安心して将来設計したい方」、「金利の先行きを予測した管理が苦手」などの方に向いているといえます。

変動金利型

こちらは、市中の金利動向に応じて半年毎に適用金利が変わるものです。ただし5年毎に返済額の見直しが行われる仕組みとなっています。固定金利とは逆で急激な金利の値上がりの影響をモロに受けてしまう危険性がありますが、反面金利が下がると返済負担も下がるというメリットがあります。「先を見越したリスク管理が得意な方」、「金融市場に興味があり、金利の変動をチェックするのに負担を感じない方」などに向いているといえます。

固定期間選択型

「当初○年は金利○%」というように、一定期間中は固定金利、その後はご紹介した変動金利あるいは固定金利から選ぶことができるものです。「今は生活の都合上少しでも抑えたいところだが、数年後には余裕ができ、万が一の金利上昇にも対応できる」などの方に向いているといえます。

三重で注文住宅の購入をお考えなら、安心安全の木造住宅はいかがでしょうか。

当社では耐震や耐久、断熱や空間など、充実性能の木造住宅をご提案しております。子育て住宅、エコ住宅や省エネ住宅としても最適です。まずはお気軽にご相談ください。

ページの先頭へ
© 2015 DAIKO CORPORATION. All Rights Reserved.